ドラマ「オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜」で1人7役を演じきり、竹中直人とのW主演映画『レオン』でのコミカルな演技が好評で新境地を切り開いたカメレオン女優・知英が挑んだ最新主演作は、音楽で綴る青春サクセスストーリー。

知英演じる瑞穂の幼なじみ役・淳之介には、今年2月に公開された映画『N.Y.マックスマン』で映画初主演を務め、今年冬公開の映画『春待つ僕ら』の出演が決定するなど、デビュー以降、舞台・ドラマ・映画と多方面から注目を集めている若手実力派俳優の稲葉友。瑞穂の通う大学の新体操部アスレティックトレーナーには、子役時代から活躍し、自然体で存在感ある演技で数々の人気ドラマや映画に出演している落合モトキ。根岸季衣、深沢敦、髙橋洋、赤間麻里子など名優が脇を固め物語にスパイスを効かせております。

音楽は、大ヒットソング「好きな人がいること」のJYが担当。
監督は、『全員、片想い〜片想いスパイラル〜』『小川町セレナーデ』を手がけている原桂之介。
清智英・東きゆう著書の原作『私の人生なのに』(講談社刊)から生まれたほろ苦い青春映画が、この夏、あなたの心を熱くします。

新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう。競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。
塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに再会し、「一緒に歌おう!」と誘われるが戸惑いを隠せない。
瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき・・・人生がふたたび動きはじめた彼女が見た新たな夢とは?

知英

金城瑞穂 役
_ 知英

1994年1月18日生まれ。韓国出身。
KARAの元メンバー。
2014年より、日本を中心にアジア各国で女優活動をスタート。同年「地獄先生ぬ〜べ〜」(日本テレビ)でヒロインゆきめ役に抜擢。「民王」(15/テレビ朝日)、「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」(16/日本テレビ)など話題作に多数出演。
2016年にはアーティスト「JY」としてデビュー、2ndシングル「好きな人がいること」では、配信チャート12冠の快挙を達成する。
2017年に放送された「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」(フジテレビ)では、連続ドラマ初主演を務め、1人7役を演じきる。
映画では、『暗殺教室』シリーズ(15~16/羽住英一郎監督)、『片思いスパイラル』(16/原桂之介監督)などに出演。また『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』(17/FROGMAN監督)では人気キャラクターのハーレクイーン役の声優を務める。
劇場長編映画初主演作品『レオン』に続き、本作が最新主演作となる。

稲葉友

柏原淳之介 役
_ 稲葉友

1993年1月12日生まれ。神奈川県出身。
2010年、テレビドラマ「クローンベイビー」(TBS)で俳優デビュー後、ドラマ・映画・舞台と幅広く活動。
主な出演作は、映画「ワンダフルワールドエンド」(15/松居大悟監督)、主演映画「N .Y.マックスマン」(18/増田哲英監督)、ドラマ「仮面ライダードライブ」(14-15/テレビ朝日)、「MARS~ただ、君を愛してる~」(16/日本テレビ)、「ひぐらしのなく頃に」(16/BSスカパー!)、「レンタル救世主」(16/日本テレビ)、「将棋めし」(17/フジテレビ)。舞台「すべての四月のために」(17/鄭義信作・演出)など。
映画『春待つ僕ら』が今年冬公開予定。
J-WAVEにて放送中の『ALL GOOD FRIDAY』(毎週金曜11:30~16:00生放送)にてパーソナリティを務める。

知英

誉田哲二 役
_ 落合モトキ

1990年7月11日生まれ。東京都出身。
主な出演作に『桐島、部活やめるってよ』(12)、『日々ロック』(14)、『MONSTERZ モンスターズ』(14)、『娚の一生』(15)、『アズミ・ハルコは行方不明』(16)、『笑う招き猫』(17)、『全員死刑』(17)、「名刺ゲーム」(17/WOWOW)などがある。
子役時代から活躍し、自然体で存在感ある演技で数々の人気ドラマや映画に出演中。

監督:原桂之介

監督
原桂之介

1978年生まれ 東京都出身。
1997年より、演出部として数多くの作品に参加。
2006年テレビ東京の深夜ドラマ「おかわり飯蔵」でドラマ初監督。2014年映画『小川町セレナーデ』にて劇映画デビューとなる。
演出部参加作品としては、『クローズ・XERO』(07/三池崇史監督 演出部2nd)、『西の魔女が死んだ』(07/長崎俊一監督 演出部応援)、『K-20怪人二十面相・伝』(08/佐藤嗣麻子監督 演出部2nd)、『蟹工船』(08/SABU監督 チーフ助監督)、『荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE』 (11/飯塚健監督 チーフ助監督)、『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』(12/キム・ソンス監督 演出部2nd))など。
監督作品としては、TVドラマ「おかわり飯蔵」(06/TX)、カネゴン主演ショートムービー「恋カネゴン」(08 監督・脚本)、携帯用ドラマDOR@MO「美少女★蟹工船」(09)、携帯用ドラマ「日本人の知らない日本語 リターンズ」エピソード4(10)、TVドラマ版「荒川アンダーザブリッジ」5エピソード分(11/MBS 監督・脚本)、『全員、片想い〜片想いスパイラル』(16)等。 劇場公開映画“Drawing Days” 監督・脚本(15)
GreeeeN MV“KARAKARA” 監督(15)
「code:M(コードネームミラージュ)」#4「化けル」2ndUNIT・#9「食べル」・#10「崇めル」(17/TX)
HKT48 1stアルバムアルバム特典 短編映画企画「東映presents HKT48×48人の映画監督たち」本村碧唯主演「2O17: A GOD HORROR 神様ホラー:相対的に見れば『人間コメディ』である事の証明」(17)

知英

主題歌担当
JY

1994年1月18日 韓国生まれ。
JY(ジェイワイ)は、元KARAのメンバーで、現在女優として活躍中の“知英(ジヨン)”のアーティスト名。
2016年3月16日にシングル「最後のサヨナラ」でデビュー。同年8月にリリースした2ndシングル「好きな人がいること」は蜷川実花撮影によるMVが関連動画も含め4000万回以上の再生を誇るなど、2016年夏の大ヒットソングとなった。
2017年5月には待望の1stアルバム「Many Faces~多面性~」をリリースし、初のソロライブとなるZeppツアーも東名阪で敢行。12月に発売した「Secret Crush ~恋やめられない~」が、映画『リベンジgirl』の主題歌に抜擢された。この曲は、グラミー賞受賞プロデューサーでもあるサム・ホランダー(ワン・ダイレクションをはじめとして、ケイティ・ペリーやウィーザーなど数々のヒット曲を連発するアメリカの音楽プロデューサー)による書き下ろし楽曲で、映画の脚本を踏まえてJY自身も作詞に参加した歌詞にも注目が集まった。この曲とともに、両A面シングルとしてリリースされた「MY ID」は、本人が主演を務めた連続ドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」の主題歌に起用され話題に。2018年には、映画監督・岩井俊二とのコラボレーションプロジェクトとして、岩井氏が作詞・MV監督・楽曲プロデュースの3役を務めた企画EP「星が降る前に」も発表。岩井氏のほかにも、亀田誠治、Seihoなど5人の異なるプロデューサーが集った豪華な企画に注目が集まった。
本作主題歌「涙の理由」は、大ヒットソング「好きな人がいること」を手がけた山本加津彦が、初めて映画主題歌として書き下ろし、JYとタッグを組んだ新曲。