那須川天心と武尊どっちが強い?プロ格闘家10人の予想まとめ!

2022年6月に那須川天心VS武尊というドリームマッチが実現します。ともにキックボクシング界で最強を誇る選手である那須川天心と武尊。直接対決は今回が初めてですが、どっちが強いのでしょうか?そしてどっちが勝つのでしょうか?プロ格闘家の分析も踏まえながら予想したいと思います。

関連記事:武尊が歌上手い!と世間から称賛の嵐!歌手デビューの可能性は?

目次

那須川天心と武尊はどっちが有利?直接対決の階級やルールを紹介!

引用:instagram

那須川天心選手と武尊選手の直接対決が実現することが発表されたのは2021年12月24日。会見が行われ、2022年6月に直接対決となる試合が開催されることが発表されました。今回の対決の主催や契約体重、ルールなども合わせて発表されたため、簡単にまとめてみます

総合プロデューサー:榊原信行CEO 興行は製作委員会が設立される予定
契約体重:前日計量・58キロ(当日は62キロまで)
ルール:キックボクシングルール
日程・会場:2022年6月。他は調整中

まず今回の主催についてですが、RIZIN やK-1、RISEなどとは別であり、完全な中立で団体を問わないイベントになることが発表されています。那須川天心選手はRISE所属武尊選手はK-1に所属し、ともにRIZIN出場経験も持ちます。しかし中立の立場ということで、今回は製作委員会が設立され調整が行われたようです。

契約体重については58キロ。この契約体重は両者ともに試合経験がある契約体重です。しかし、那須川天心選手は自分のベストを55キロと公言しており、武尊選手は最近契約体重60キロの試合が多く、間には5キロの差があります。そんな中で今回は調整を重ね58キロに決定したとのことですが、那須川天心選手は「お互い適正体重ではない」と語っています。この体重差がどちらに有利に傾くのかも注目ポイントです。

ルールはキックボクシングルールということは決定しているのですが、ラウンド数など詳細は未定。武尊選手は

「完全決着ルールでないと意味がない。那須川選手も強いし、引き分けはいらない。完全決着ルールの延長無制限でやりたい」

引用元:日刊スポーツ  

と提案しています。

ファンとしても完全決着ルールでみたいというところがあるのではないでしょうか。レフェリーや採点基準なども今後明らかにされていくとのことなので詳細を待ちたいですね。

日程の詳細や会場についてもまだ未定ですが、

「日本で一番でかいところで調整していく」(榊原CEO) 引用元:Yahoo!ニュース

ということで、東京ドームや国立競技場のような会場が調整先として挙げられています。

試合が行われるのは6月。那須川天心選手は2022年4月にキックボクシング引退しボクシング転向すると表明していました。しかし2ヵ月延期し、この試合に臨むということです。

ルールやその他の詳細についても、なるべく中立の試合になるように調整に調整を重ねてきたという雰囲気がありますね。那須川天心選手と武尊選手、どっちが有利になるとは言えないような上手い調整がされています。まだ未発表な部分の詳細と実際の試合がとても気になりますね。

[ad01]

プロ格闘家が分析!那須川天心と武尊、どっちが強い?

引用元:instagram

この試合の行方は、ファンだけでなくプロの選手も要注目しています。那須川天心選手と武尊選手、どっちが強いのか、どっちが勝つのかといった予想をしているプロ格闘家も多いので、今回はそのプロの分析をまとめて紹介したいと思います。

10人の有名プロ格闘家の勝敗予想まとめ

有名格闘家たちも、自身のYoutubeや取材などでこの一戦に関する予想を発表しているので、ひとりひとりまとめてみたいと思います。

①朝倉未来

朝倉未来選手は有名でみなさんご存知ですよね。今回朝倉未来選手があげた動画の内容は那須川選手との対談というもの。比較的ラフな感じでしゃべっているので聞きやすいです。

朝倉選手の予想は、那須川天心選手の1ラウンドKO、または判定までもつれこめば武尊選手の勝利というものでした。
動画の中で、

「判定まで行ったら武尊選手が勝って、1Rとかで天心が決めるんじゃないかと思っているんだよね。武尊選手っていつもスロースターターじゃない。そこで精度とスピードが凄い天心の何かが入ると思うんだよね。だから俺、1R勝利を予想してるのよ」

引用元:Yahoo!ニュース

と語っています。
那須川選手のプランとしては、「武尊選手の穴をつく作戦を3パターンくらい考えている」とのこと。朝倉選手は普段から那須川選手とよくYoutubeでもコラボしており、仲がいいのかな?といった印象です。そのためもあってか、那須川選手のKO勝利を予想。しかし確定的な予想ではなく、濁すような場面もありましたね。どちらにしろ、那須川選手自身が動画に出演し、武尊選手との戦いについてプランまで語っているので、試合を予想するには参考になる動画です。

魔裟斗&③武蔵

 

魔裟斗選手と武蔵選手はムサマサという公式チャンネルを持っており、その中で展望を語っていますがこの予想がまた面白いです。
こちらの動画は、2021年大みそかの試合を見たうえでの考察になりますね。この動画の中では、武蔵選手と魔裟斗の意見は概ね一致。『大晦日の試合で那須川選手が相手を圧倒できなかったことから、武尊選手の勝利が見えてきた』といったような話です。

武蔵選手は昔から「那須川天心有利」との予想を公言していましたが、

「これぐちゃぐちゃにしたら武尊分からんぞっていうイメージが俺も湧いてきた」

「(武尊は)回転も速いやんか、パンチの。だからこれは分からんよ」

引用元:Yahoo!ニュース 

と語っています。

また、魔裟斗選手は過去に朝倉海選手との話の中では、「55キロの契約体重だと間違いなく那須川天心の勝利、60キロに近づいていくほど武尊有利になる」と話していました。また、他の動画でも「武尊がプレスでつぶすと思う」とも語っており、武尊選手有利の予想です。今回は、

試合の大きなカギは「58kgの契約体重とラウンド数」だと指摘。5Rだったら「武尊のKOもありえますよ」

引用元:Yahoo!ニュース

と予想しています。

④皇治

皇治選手は直接那須川選手、武尊選手の両者と戦った経験を持つ選手です。2戦とも敗戦はしてしまいましたが、それでも直接対決した経験があるのでこの一戦を予想するには欠かせない選手と言えます。

その皇治選手はなんとはっきり「武尊の方が強いですよ」と言っています。これは2020年、那須川天心選手との試合後のインタビューでの発言です。また、

「それに実際に闘えば相性もあるから、どっちが勝つかは分からないですよ。ただ、武尊と闘った時は記憶が飛びました。」

引用元:Yahoo!ニュース

とも語っています。その後、Youtubeでのインタビューに答えた時は

「5Rなら武尊」「打ち合いの展開になれば武尊が強い、パワーが違う」

引用元:Youtube

とも発言しています。

そして2021年RIZINの会見において、この一戦が決まったことに対して

「素直におめでとうしか言うことはないですし、彼らは凄いなと。実現したな、凄いなと思って見ています」  引用元:Yahoo!ニュース

と、祝福の言葉も述べていました。

 

⑤村越優太

村越優太選手も那須川選手、武尊選手の両方と戦った経験を持つ選手です。

そんな村越選手は、「天心の方が勝つ確率が高い」と予想!特に那須川天心選手のスピードやテクニックを理由に挙げていますが、

「武尊選手の方がパンチ力は上」   引用元:Youtube

とも言っています。「もし那須川選手のパンチで武尊選手が倒れなかったら話は違ってくる」とのこと。武尊選手のスタミナも勝敗を左右しそうですね。

⑥原口健飛

原口健飛選手の予想は、

「現状は那須川天心選手かな」 引用元:Youtube

というもの。二人のファイトスタイルの差を冷静に分析されているので説得力があります。

 

⑦久保優太

久保雄太選手の予想も

那須川天心選手の勝利」 引用元:Youtube

というもの。こちらの動画では試合展開についても詳しく予想しているので面白いかもしれません。

 

⑧堀口恭司

堀口選手は

「天心くんかな?」 引用元:Youtube

と那須川天心選手勝利の予想。しかし「見合う試合になる」と言っており、最後まで悩んでいるようでした。

⑨京口紘人

京口選手は以前、

「3Rなら那須川選手有利、5Rなら武尊選手有利」 引用元:Youtube

との予想をしていました。

そしてこの一戦の実現が決まったあとの動画では、軽量のコンディションなどにもよるとしつつも、

「武尊選手有利」 引用元:Youtube

の予想をしています。どちらとも交流があり、応援しているという堀口選手。すごく悩みながらの予想だという感じがしました。

 

⑩小比類巻貴之

魔裟斗&武蔵選手との対談で予想をしています。「那須川天心選手有利」の予想です。ただし、

「武尊選手との打ち合い展開にならなければ」 引用元:Youtube

ということで、試合展開によっても変わってくる予想ですね。

 

総合すると、那須川天心選手の方がスピードでは有利だと言われています。フットワークでも那須川選手が有利かと思われますが、武尊選手は打ち合いに持ち込むと強くカウンターも得意でスタミナもあります。
これまで那須川選手はキックで相手を倒すスタイル、武尊選手はパンチで相手を倒すスタイルであることから、試合の中でどちらが自分の得意な展開に持ち込めるかによって勝敗も左右されそうです。
様々な面から予想ができますが、お互いに得意なスタイルが違うことから、試合の展開も読みづらく、勝敗の行方をはっきりと予想するのは難しいようです。プロの格闘家の分析のように、ラウンド数やルールの違いで結果が変わってくるかもしれません。現時点で武尊選手と那須川天心選手のどっちが強いかはプロの格闘家でも意見が分かれるところです。

どっちが勝つ?格闘技ファンの予想は?

格闘ファンもこの試合をものすごく楽しみにしています。格闘技ファンはどっちが勝つと予想しているのでしょうか?見ていきたいと思います。

Twitterからファンの声を拾ったところ、

と、武尊選手有利?と思われる予想をしている人が多い印象でした。

しかし予想がつかないという声も多いです。ファンの声で一番多いのが、勝敗の行方よりもこの試合が楽しみ!生で見たい!というもの。やはり世紀の一戦を自分の目で見届けたい思いが強いようです。

那須川天心選手も武尊選手もかなりファンが多い人気選手です。

二人のファンをSNSから比較してみると、

  那須川天心 武尊
twitterフォロワー 60.5 34.4
Youtubeチャンネル登録者 83 21.2
instagramフォロワー 94.3 55.9

(単位:万人 調査:2022年1月16日)

こうしてみると那須川選手の方が人気があるのかな?と思います。しかしSNSなので更新頻度やコンテンツにもよってフォロワー数は変動するため、一概にどっちが人気かは言い切れないですね。那須川選手は23歳と若いことから、SNSをよく使うような若い世代にも支持されているのかもしれません。

どちらのファンも、予想を楽しみながら那須川天心選手VS武尊選手の一戦を待ちわびている印象です。

[ad01]

那須川天心と武尊はどっちも直接対決を熱望。ドリームマッチ実現までの経緯は?

引用元:instagram

那須川天心選手と武尊選手の試合は、全格闘技ファンが待ち望んだ一戦です。那須川天心選手と武尊選手自身も、どっちも長い間直接対決を熱望していたといいます。

しかし今まで何度も直接対決が期待されていながら、なかなか実現には至りませんでした。その経緯を簡単に紹介したいと思います。

【2015年】那須川天心選手が武尊選手と戦いたいことをアピールし、武尊選手は「K-1で試合が組まれれば受けて立つ」と答える。その後那須川選手が武尊選手に接触し対決を直訴するも、結局試合は組まれず。
【2017年】那須川天心選手が試合後のマイクアピールでファンに「誰とみたいですか?」問いかけ、「武尊!」と声が上がる。そして武尊選手に「是非来年中にやりましょう」と再び呼びかける。
【2018年】2017年の件は「他団体の興行に対する不当な介入」であるとし、K-1は那須川天心陣営に民事訴訟を起こす。武尊選手は間接的に「時期はわからないが、必ず実現させたい」と前向きに語る。
【2019年】那須川天心選手が試合後のマイクアピールで再び武尊選手に試合を呼びかける。
【2020年】武尊選手は大晦日に那須川天心選手の試合に来場。リングサイドで観戦し、直接話す。観戦後の会見において、今回の観戦は意思表示であり「やっぱりこのカードやらないと、僕はもう格闘家人生だけじゃなくて人生を後悔すると思う。」と発言。
【2021年】RIZINの榊原信行CEOが記者会見を行い、6月13日に東京ドームを押さえ両者の試合を実現させる予定であったが、武尊選手が負傷した為実現に至らなかったことを発表。→12月24日、2022年6月に試合が実現することを記者会見で発表。

(参考:wikipedia 日刊スポーツ

那須川天心選手と武尊選手の直接対決の試合が長年実現しなかった理由としては、団体が違うことや金銭面、対戦条件などの契約交渉が難航したことも考えられます。

特に一時は訴訟にまで発展したので、実現はやはり難しいのかと思わされる時期もありました。

そして2021年、一度は実現しかけた試合も流れてしまった経緯があったのでファンは待ちわびた一戦になります。今度こそ実現に向けて確実に動き出した試合です。しかも那須川選手はキックボクシング引退を決めているので、最初で最後の対戦になりそうです。決戦の日が待ち遠しいですね。

那須川天心と武尊はどっちも最強の格闘界のスター選手!プロフィールや戦歴を振り返る

引用元:instagram

那須川天心選手と武尊選手はどっちもこれまでキックボクシング界を引っ張ってきたスター選手です。最後に簡単にプロフィールを振り返ってみます。

  那須川天心 武尊
本名 世川 武尊(せがわ たける)
年齢 1998年8月18日(23歳) 1991年7月29日(30歳)
身長 165cm 168cm
ベスト体重 55kg 60kg
団体 RISE K-1
主な階級 バンタム級・フェザー級(RISE)
スーパーバンタム級・フェザー級(ムエタイ)
フライ級(総合格闘技)
スーパーバンタム級
→フェザー級
→スーパーフェザー級
主な経歴 RISE世界フェザー級王者
ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者
ISKAフリースタイルルール世界フェザー級王者
元RISEバンタム級王者
RISE2階級制覇王者
ISKA世界2階級制覇王者
現K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者
元K-1 WORLD GPフェザー級王者
元K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者
元Krush -58kg王者
K-1 WORLD GP3階級制覇

(参照:wikipedia 本人公式HP)

<戦歴>※ここではキックボクシング戦歴のみの比較をしています

  那須川天心 武尊
試合数 40 41
勝利 40 40
KO勝ち 28 24
敗戦 0 1

どちらも素晴らしい戦歴を誇る選手であることは間違いありません。

こうして比べてみると体格に関しては武尊選手の方が大きいイメージですが、契約体重は同じ。お互いにコンディションを整えて挑む試合なのでどうなるか楽しみですね。

まとめ

那須川天心選手と武尊選手、どっちが強いかを予想してきましたが、プロの格闘家やファンの間でも意見が分かれる結果になっています。過去の実績や実力はほぼ互角、どっちが勝ってもおかしくない接戦が予想されます。
どっちが勝つにしても世紀のドリームマッチとなるこの一戦で、日本中が大盛り上がりしそうです。決戦の瞬間まで目が離せませんね。

ネタパラ
武尊が歌上手い!と世間から称賛の嵐!歌手デビューの可能性は?|ネタパラ K-1のリングでは勇ましい姿が印象的な武尊さんですが、格闘家とは思えないほど、歌が上手いことでも知られています! [ch
ネタパラ
カズ息子(三浦孝太)の格闘技の実力は?経歴や学歴についても調査!|ネタパラ サッカー元日本代表、キングカズこと三浦知良さんの次男・三浦孝太(みうらこうた)さん。 RIZIN(ライジン)大晦日大会で
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる