山梨女児不明の考察|なぜ今さら見つかったのか?沢には水が流れ、滑落した可能性も

ニュースを指差す男性と虫眼鏡のイラスト

2019年9月に山梨県・道志村キャンプ場で行方不明になった、当時小学1年生の女児

行方不明から2年7カ月が経過する中、人骨や靴、靴下が次々と見つかり「なぜ今さら見つかったのか?」と多くの人が感じています。

「犯人が今になって現場に置いていった」という考察も飛び出すなど、大きな謎となっていますよね。

不自然ささえ感じてしまう「今さら感」。

なぜ今手がかりが見つかり始めたのか?考察しました。

目次

2022年人骨・靴・靴下が次々と見つかる

2019年9月、山梨県・道志村キャンプ場で、当時小学1年生だった小倉美咲さんの行方がわからなくなりました。

2022年4月、事故から2年7カ月という時を経て、道志村キャンプ場から600メートル離れた場所で人骨・靴・靴下などが発見されています。

山梨女児不明道志村キャンプ場近くの人骨が発見された場所の地図
引用元:スポニチ

行方不明になってから10日間で延べ約1400人が捜索したものの、当時手がかりは何も見つかりませんでした。

それがなぜ今さら次々と見つかり始めているのでしょうか?

なぜ今さら見つかり出したのか?山岳捜索は難しい話

2019年当時、多くのボランティアも参加し現場付近を捜索していました。

あれだけニュースになりながら何も見つからなかったのに、今さらなぜ次々と人骨などが見つかり始めたのでしょうか?

見落とされていた可能性

まず山の中で行方不明になると、捜索・救助は大変難しいです。

2019年事件当時、2週間近くに渡り警察・消防・自衛隊・多数のボランティアなど延べ約1400人が捜索。

まずはキャンプ場から東西約6キロメートルの範囲を捜索し、一度探した場所も見落としがないようくまなく探していたと言われています。

かなり大規模な捜索に聞こえますよね。

しかし、実際には草地や急勾配など見えないところも多く、山の中を隅々まで探すというのは現実的にかなり難しいです。

経験者の立場から言うと
山岳遭難の捜索というのは結構大変なんです。

私の25年前の北海道での山岳捜索の経験でもそうでした
当時はヒグマが出る危険性があったので、
細かいところへの捜索はできなかったし・・・

大規模な山岳捜索といっても、
実際に探せる範囲というのは、限られてくるもんなんですよ・・・
二重遭難の可能性もあるし
「山火事」で「はげ山」にでもならない限り
重箱の隅をつつくような緻密な山狩りというのは実際には不可能なんですよ・・

大規模捜索といっても、実態は探しやすい道路のそばとかを
見える範囲で、同じところを何度も何度も探してるだけで

草とか笹とかで、見えないとこも多いし斜面の草地などはそもそも見に行かないし、また当時の捜索は、一日120名くらいの態勢で2週間程度・・・
ぜんぜん不十分です・・・

まだまだ探してないとこは多いはずですよ・・・・

引用元:Yahoo!ニュースコメント

山の中では、二重遭難の危険を避けながら捜索しなければいけない大変さがあります。

このことから、探していないところがあったのかもしれません。

今回、人の頭の骨の一部がみつかったのは山梨県道志村の山中の斜面、水がかれた沢沿い。

「子供が1人で行くとは考えにくい」というバイアスから、見落とされていた可能性もあります。

子供は大人の想像を超えた動きをする

2018年にスーパーボランティア尾畠春夫さんが、山口県の山中で行方不明になった2歳児を発見し話題になったニュースがありましたね。

この時は、2日がかりで警察・消防が150人体制で捜索しても見つけられなかったのですが、尾畠春夫さんが山の中に入り20分後に2歳児が発見されました。

驚異的な速さですよね!

尾畠春夫さんは「迷いそうな場所は捜索隊がやっているから、あえて考えにくい場所を探そう」という考えのもと捜索し、見事2歳児を発見・救出しました。

子供は予測不能な場所に行ってしまう

山に限らず、子供は大人が目を離した隙に、予測不能な場所に行ってしまうことがあります。

子どもが幼稚園のとき、迷子にさせてしまったことがありますが、ママがいないと思った瞬間にものすごい速さで走り回ったようで、絶対にこんなところまで行くはずがないと思っていたところまで行っていました。探す時に、こんなところまでは来れないだろうから、もう一度いなくなった場所を探そうと、自分は何度も現場に戻りながら探しました…だから大人の想像を超えた動きをすることもあり、分からないですね。

引用元:Yahoo!ニュースコメント

山の中で子供が行方不明になり発見された事件では、発見場所が捜査対象外だったということをよく聞きます。

2016年5月、北海道小2男児行方不明事件でも、捜査対象が半径2~3kmだったことに対し、約6km離れた場所で発見されました。

<子供の意外な行動①>
・2016年5月、北海道小2男児行方不明事件
・行方不明から7日目に、直線距離で約6km離れた陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で無事発見された
・発見された男児は1日で6km進んでいたが、捜索1日目は行方不明場所から半径2km、捜索2日目は半径3km内を捜索しており、演習場内は捜索対象外だった。

引用元:FNNプライムオンライン

これも、大人の「子供はここまでは行かないだろう」という、バイアスがかかっているように感じられます。

沢で滑落した可能性

人骨が見つかった道志村の現場付近は、「急斜面で木や岩影が多く、捜査しにくい」と捜査関係者が語っています。

また、発見現場の沢は

  • アップダウンが激しい
  • ゴツゴツした岩が剥き出し
  • 大人でも足元を見ながら歩かないと危険
  • 木々が林立し、子供が迷い込んだら戻ってくるのは難しい

といった場所。

「発見現場の周辺はアップダウンの激しいところで、ゴツゴツした岩も剝き出しになっているなど、大人でも足元を見ながら歩かないと危険な場所です。また木々が林立し、同じよう風景が続くばかりのロケーションなので、もしも子供が迷い込んだら戻ってくるのは難しいでしょう」

引用元:デイリー新潮

迷子になり焦って沢を移動していたところ、あやまって滑落し動けなくなってしまった可能性もあります。

行方不明当時、捜索は沢の水の中にも手を広げていたと報じられています。

警察、消防、さらには自衛隊も加わり、捜索が開始。災害救助犬も投入され、キャンプ場近くの小屋や別荘、沢の水の中にも手を広げ、のべ1700人、16日間に及びました。

引用元:khb-tv

ゴツゴツした岩に水が流れていれば、大人でも滑る可能性があります。

実際、時々沢登りでの事故を耳にしますよね。

沢の上の方で滑落し、雨水などによって2年7カ月かけて下流に流され、今になって発見されたのではないかと考察できます。

まとめ

山梨女児不明に関する手がかりが、なぜ今さら見つかり出したのか?考察しました。

山での捜索は、私たちが想像している以上に難しいことが分かりました。

見つかった遺留品が、早くご家族のもとへ帰ることができるようお祈りしております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる