ゼレンスキー大統領が嫌われる5つの理由!胡散臭くて八方美人?

ゼレンスキー大統領が嫌われる5つの理由!胡散臭くて八方美人?

各国でオンライン演説をしているウクライナのゼレンスキー大統領ですが、「嫌い」「胡散臭い」などの声が聞こえ始めてきました。

きっかけは、米連邦議会での「真珠湾攻撃」発言。

しかし、これ以外にもゼレンスキー大統領が嫌われる意外な理由もありました…!

※この記事は政治的意図は一切ありません。

関連記事:ゼレンスキー大統領に”無能”の声続出!理由5つと世界の反応を紹介!

目次

ゼレンスキー大統領が「嫌い」という世間の声

髭が伸びたゼレンスキー大統領の画像

引用元:twitter

ゼレンスキー大統領に「嫌い」という声が出始めたのは、3月16日に米連邦議会のオンライン演説で「9.11」のテロと「真珠湾攻撃」を並列で取り上げてからです。

その後、松本人志さんや高須院長など著名人が、ゼレンスキー大統領の「真珠湾攻撃」発言に反応。

TwitterやGoogleのサジェストにも「ゼレンスキー 嫌い」「ゼレンスキー 嫌いになった」などの単語が並ぶように。

しかし世間の声をよくよく見てみると、「真珠湾攻撃」意外にもゼレンスキー大統領が嫌われる理由があります。

それはざっとこんな感じ。

  1. 米議会での「真珠湾攻撃」発言
  2. うさんくさい発言にうんざり
  3. 日本の地震に「たかが5分」
  4. 各国にいい顔をしている八方美人
  5. 英雄気取り

次の章で詳しくご紹介していきます!

[ad01]

ゼレンスキー大統領が嫌われる5つの理由!

嫌われる理由1:米議会での「真珠湾攻撃」発言

まずはゼレンスキー大統領が嫌いという声が目立つきっかけとなった、3月16日のゼレンスキー大統領の米連邦議会オンライン演説の内容がこちら。

パールハーバーを思い出してください。1941年12月7日の恐ろしい朝。あなたたちを攻撃してきた飛行機のせいで空が真っ黒になったとき。それをただ思い出してください。

9月11日を思い出してください。2001年の恐ろしい日、悪があなたの街を戦場に変えようとしたとき。罪のない人々が攻撃されたとき。空から攻撃されたのです。誰も予想できなかった形で。
引用元:NHK

1941年12月7日:パールハーバー(真珠湾攻撃)

2001年9月11日:アメリカ同時多発テロ

9.11の同時多発テロでは、「真珠湾攻撃」以来アメリカ本土に攻撃されたのは2度目、とアメリカのメディアで報道されたこともあり、アメリカの人々の胸に響くと踏んだんのでしょう。

しかし、軍事施設のみを狙った真珠湾攻撃と、9.11の同時多発テロを同列で持ち出されたことに嫌悪感を表す人も出てきました。

嫌われる理由2:うさんくさい

ゼレンスキー大統領が嫌われている理由の2つ目に「胡散臭い」という理由があげられます。

ゼレンスキー大統領は子供の頃から人前で話すことが得意。

政治家経験はなく、前職は

  • コメディアン
  • 俳優
  • 声優
  • 脚本家

といった顔を持つ、エンターテイメント業界出身です。

人からどのように見られているか、どういった脚本で、どのような表情・発言をすれば聴衆の心を掴めるか熟知しているのでしょう。

その言動も「うさんくさい」と言われる理由に繋がっているようです。

嫌われる理由3:日本の地震に「たかが5分」

これはゼレンスキー大統領の発言ではなく、駐日ウクライナ大使のツイートです。

3月16日に宮城県で、最大震度6強の大きな地震に襲われました。

その地震後、駐日ウクライナ大使がツイートした内容がこちら。

「日本の地震5分、私達は21日。もっと苦しい。」

その後謝罪と訂正、投稿は削除されたようですが、この発言により「嫌いになってきた」という声も上がってきました。

地震大国で、日本全国各地で度々地震による被害を受けている日本人からすると「たかが5分」という発言は良い気持ちしないですよね。

嫌われる理由4:八方美人

ゼレンスキー大統領は、各国のオンライン演説で「沈没船ジョーク」を想起させるような発言をしています。

沈没船ジョーク一覧表

引用元:twitter

その国によって、心に響く言葉は違うため、「沈没船ジョーク」的な演説をするのは理解できますが…

この発言が、各国に向けて八方美人とも捉えられているようです。

各国の支援を必要としているウクライナ。

ゼレンスキー大統領も、祖国を守るために必死で演説していることは間違いありません。

嫌われる理由5:英雄気取り

ゼレンスキー大統領が「英雄」気取りで嫌い、という声もありました。

ゼレンスキー大統領は、日本の演説で何を言う?

ゼレンスキー大統領が嫌われる理由についてご紹介しました。

ゼレンスキー大統領の演説内容や、言動に違和感を感じ「嫌い」と思っている人も少なくないようです。

しかし、ゼレンスキー大統領の好き嫌いはともかく、この間にも戦争により多くの民間人が犠牲になっていることを考えると、ウクライナへの人道支援は引き続き行なっていくべきだと考えさせられます。

私はゼレンスキー大統領には、日本の演説でぜひこのネタをお願いしたいと思います。

こと嫌いでもウクライナこと嫌いにならないでください!」

前田敦子「私のことは嫌いでもAKBの事は嫌いにならないでください」

引用元:twitter

※この記事は政治的意図は一切ありません。

関連記事:【画像比較】プーチン大統領の顔が違う!原因は?替え玉説も検証!

関連記事:ゼレンスキー大統領に”無能”の声続出!理由5つと世界の反応を紹介!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる